loading

Twitter広告クリエイティブ虎の巻!サイズやバナー制作のポイント教えます

2021年6月2日
ツイッターバナーデザイン

YDN・GDN・LINE・Facebook・Instagram・Twitter等の広告は媒体によって特性や入稿ルールが異なります。中でも「Twitter広告」について、

「Twitterで広告を出したいけど、どうすればいいかわからない」
「Twitter広告のルールがややこしくてわからない」
「Twitterにおいて効果的なクリエイティブを作成する方法を知りたい」
「Twitter広告のCTRやCVRを高めたい」

といったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

 

この記事では、Twitterプロモーション広告フォーマットの種類や入稿規定といった基礎知識をはじめ、広告の効果的なクリエイティブ作成のポイントを紹介します。是非参考にしてください。

 

Twitter広告フォーマットの種類と特徴

Twitterのプロモ広告には以下の5つのフォーマットがあります。
・画像広告
・動画広告
・カルーセル広告
・モーメント広告
・テキスト広告
まずはそれぞれの特徴と入稿規定について見ていきましょう。

画像広告

画像広告は効果的なクリエイティブを強調することでユーザーをWebサイトやアプリへ誘導したり、その場でアクションしたりすることを促すのに適したフォーマットです。商品やサービス、ブランドやコーポレートを1枚の画像で表示します。画像はテキストのみの場合に比べ、表示範囲が広くなるので、ユーザーの目に留まりやすくなるというメリットがあります。Twitterプロモ広告の中でも最もシンプルなフォーマットで、簡単に制作できるのが特徴です。

画像広告

画像サイズ:横600px以上を推奨。縦は無制限。
アスペクト比:
【デスクトップ】2:1~1:1で表示される。
【モバイル】16:9
ツイート本文:280字以内。日本語全角の場合140字以内。

 

動画広告

動画広告ではビジュアルや音、動きでユーザーの興味を引き、商品やサービスの魅力をリアルに伝えることが可能です。画像広告と同様に、ユーザーをWebサイトやアプリに誘導したり、ブランドやコーポレートへのエンゲージメントを高めたりすることができるのが特徴です。

動画広告

ファイル形式:MP4またはMOV
ファイルサイズ:1GB未満(30MBを推奨)
動画の長さ:15秒以内
ツイート本文:280字以内、日本語全角の場合140字以内
タイトル:70文字以内
キャプション: クローズドキャプションまたはテキストオーバーレイ必須
アスペクト比:1:1を推奨(アスペクト比は2:1~1:1の間であれば問題ありませんが、1:1を超えるとプラットフォーム上でアスペクト比1:1にトリミングされます。)
推奨サイズ: 1200×1200(1:1の場合、最小は600×600)縦のサイズは無制限

カルーセル広告

カルーセル広告はユーザーがスワイプすることで複数の画像や動画を切り替えることができるフォーマットです。1つの広告内で複数の商品やサービス、プロモーションを紹介したり、ブランドのストーリーを伝えたりすることができます。例えば、商品を使ったレシピや、漫画などもカルーセルのフォーマットに適しています。

カルーセル広告

スライドの数:2~6枚(画像および動画)
アスペクト比:1.91:1または1:1の画像素材(1つのカルーセル内で1つのアスペクト比を使用)
リンク: すべてのスライドで1つのウェブサイトまたはアプリのリンクを割り当てることができる

 

モーメント広告

モーメント広告では一連のツイートを作成し、まとめ、プロモーションすることができます。140文字では伝えきれないストーリーを伝えたい場合に最適です。

モーメント広告

 

テキスト広告

テキストのみの最もシンプルな広告フォーマットです。自然に他のコンテンツに溶け込み、自分のフォロワーだけでなく届けたいターゲットオーディエンスにもリーチを広げることができるのが特徴です。

テキスト広告

ツイート本文:280字以内(日本語全角の場合140字以内)

 

Twitter広告バナー制作の5つのポイント

ここからはtwitterの特性を生かした広告バナー制作のコツを紹介していきます。

1. 画像や動画の質にこだわろう

Twitterのタイムラインでは様々なツイートが混在します。その中でユーザーの興味を引きつけ、心を掴むためには魅力的な画像や動画は必須です。それらの質がパフォーマンスの良し悪しを左右するため、できる限り解像度の高い画像を使用することを心がけましょう。ツイートに埋もれないようなインパクトのある画像や、目を引くほど美しい画像を使用することでより多くの人の目にとまります。また、商品を使用している写真など、使用することでユーザーが得られるメリットを訴求したり、オーディエンスの想像をかきたてるようなものを選ぶと効果的です。

美しい写真のバナーデザイン

 

2.ユーザーに起こしてほしいアクションを明確にしよう

商品やサービスの認知拡大にとどまらず、ユーザーを購入や予約、インストール等の行動に移したい場合は、ユーザーにとってのメリットを明確にしましょう。Twitterならではの「いいね」「リツイート」「コメント」を利用したアプローチも効果的です。

CTAを生かしたバナーデザイン

 

3.ハッシュタグを有効活用しよう

ツイート本文ではハッシュタグを使うことができます。ハッシュタグを使うと、ユーザーをリンク先以外のページへ遷移させたり、他の投稿へ誘導したりする可能性もあります。しかし話題のキーワードを入れることで想定していたより多くのユーザーの目に留まったり、そのキーワードに興味を持っているユーザーにアプローチすることが可能になります。また、製品やサービス、ブランドのハッシュタグを使用することで、自社のことをより詳しく知ってもらうためのきっかけになるでしょう。

ツイッターのハッシュタグ

 

4.画像内テキストの量に気を付けよう

Twitter広告の画像内テキストの量に制限はありません。しかし、伝えたい情報がたくさんあるからといって1枚の画像内にテキストを入れすぎるのはかえってユーザーにとって負荷となってしまう可能性があります。情報の優先順位を決めて、見せ方を工夫しましょう。また、画像内に収まりきらない情報はツイート本文に記載するのもおすすめです。

ツイッター広告バナー

 

5.トリミングされることを前提としてバナーを制作しよう

画像広告の場合、デスクトップではアスペクト比が2:1から1:1の間であれば表示可能となっています。1200×600の場合は2:1、1200×800は3:2、1200×1200は1:1といったように画像によって表示される比率は異なります。1200×1400など、16:9を超える場合には、アスペクト比が16:9になるように画像がトリミングされます。そのためサイズによってはタイムライン上で画像が見切れてしまう可能性があります。アスペクト比を意識してクリエイティブを作成しましょう。

 

Twitter等のSNSバナーをまとめたギャラリーサイトをご紹介!

Twitterバナー制作のポイントを紹介しましたが、いかがでしたか?
Twitterバナーのデザインがもっと見たい!
カラーやデザイン、業種別でさらに詳しく見てみたい!
そんな方におすすめするのがバナー広場|バナーデザインのまとめサイト」です。

 

バナー広場

バナーデザイン参考サイト「バナー広場」では登録数12000件以上のバナーデザインの中から、「SNSバナーデザイン」だけを一覧で表示することができます。サイズやカラー、雰囲気など、あなたが探しているバナーデザインがきっと見つかるはず。是非参考にしてください!

 

まとめ

この記事ではTwitterプロモ広告のフォーマットごとの規定や、効果的なバナー制作のポイントをご紹介しました。たくさんの情報の中で一瞬でユーザーの興味を引き、かつユーザーに起こしてほしいアクションを明確にすることで広告の効果を最大化しましょう。

 

ページトップへ